今月のお題『キューブリック19歳。私19歳。』

ご無沙汰しております、市場です。

ブログを始めたときからずーっと使っているこちら、はてなさんが、新システムに移行する(?)とのことで、そういうことに疎いあたくし、のんびりしていたら、いつの間にか更新できなくなっておりました💦

慌ててインポートし、密かにリニューアルしてこうしてまた始めております(^-^;

と、いうことで、更新遅くなってしまってごめんなさい!

シアターキューブリック今月のメルマガ連動お題は「キューブリック19歳。私19歳。」です!



シアターキューブリックはお陰様で、今月27日、19歳のお誕生日を迎えます。
そこで、メンバーそれぞれの19歳当時の思い出をつづってみようとなりました♪


19歳のわたしは、
漠然と、ジブリの声優をやりたくて、
声優学科のある専門学校に通っていました。


今でも、作品のエンドロールで名前をお見かけするような、プロのベテラン声優さんからレッスンを受けていたのですが、もちろん、真面目に受けていたのですが、当時のわたしにはその有り難みがちっとも、ちぃ〜っともわかっていなかった…、嗚呼、なんて贅沢な時間だったのだろう…今、思い返せば返すほど、反省することばかりです…。

専門学校といったら授業もあんまりなくて、遊んでいるイメージがあるかもしれませんが、
課題、課題、自主練、バイト、課題、と、
本当にパンクする程、忙しかった記憶しかありません。
夏休みだったか、とある俳優の先生から、5千円以上の上質なお芝居を観て、その感想をレポート提出しなさい、という課題が出されました。
まだ、どこをどんな風に観たらいいのか、どう向き合ったらいいのかも当時のわたしにはチンプンカンプンで…、わたしがなりたいのは声優なのに…なんて思いながら、自分の好みかどうか面白さも価値もわからないまま、お芝居を観に行ったことがあります。
他には、自分で機材をセッティングして声のデモやCMを作ったり。
ダンスに日舞に、PCに、企画書の書き方に、一人芝居に、次から次へと初めてのこと苦手なものと格闘していた、そんな日々でした。

入学してすぐに仲良くなった子が、休み明けに来なくなって、いつのまにか辞めてしまったとき、なんというか、ショックだったなぁ。
決して安くはない入学金に授業料なのに、え、そんな早く捨てちゃう⁈え、もう諦めちゃうほど、わたしたちの好きって簡単なものだったの⁈って…
学校だけど義務じゃない、けど、仲間にもライバルにもなれなかった、なんだろう…って。


他人と比べては一喜一憂。凹む日々。
どの選択肢が正しいの?
小さな世界で、自分で勝手に傷ついていた、19歳はそんな歳でした。


とまぁ、ネガティブむんむんな感じでここまできちゃいましたが、
皆さんご存知の通り、わたしは声優になっていませんが、それはそれで、失敗というわけでもなくて。
高校を卒業してあの歳であの学校に行ったから出会えた人々、仲間、
知識は今でもわたしの大切な財産です。
自分を知って、お芝居を知って、
繋がって繋がって、19歳のわたしの選択の積み重ねが、のちに、すでに産声をあげていたシアターキューブリックと繋がりました。


19歳は、誰も彼も新しい世界に飛び込む、激動の歳ではないかな。
子供だけど子供じゃない。大人だけど大人じゃない。そんなアンバランスを楽しめる歳。
19歳のシアターキューブリックはさぁ、どんなかな(o^^o)





今月のお題『冬の大好物』


御礼が遅くなってしまいましたが…
シアターキューブリックの劇場公演『十二階のカムパネルラ』、お陰様で無事に幕を閉じることができました。応援してくださった皆さん、お力添えいただいた全ての皆さま、本当にありがとうございました!
お休み中のわたしですが、仲間が命を注いだ作品がご好評いただけたようで、凄く凄く嬉しいです(o^^o)
実は、稽古期間中、ほんのちょっとだけ覗きに行けたのですが、すぐに子供のお迎え時間が来てしまい、通し稽古の頭のほうしか観ることが叶わずで…あの日からどうみんな変身したのかなぁと想像する毎日でした。
一生懸命悩んで苦しんで、それでも前を向いて進んでいく、いこうとする姿はキラキラ眩しいです。
毎日時間との闘いで、もう色々なものを諦めるのに慣れてしまいそうな自分には、羨ましくもあり、勇気付けられる姿でもあり、力をもらえたひとときでした(o^^o)


おっと!!
毎月、決められたお題(テーマ)について、
シアターキューブリックメンバー全員が個人ブログでアツ〜く語る、恒例お題ブログ更新の日になってしまいました!(本当は9日っ汗)
今月のお題は「冬の大好物」ですっ!


冬といえば…雪見だ…
とみせかけて、
近年の冬はもう、チョコっす!


チョコ。
夏が終わると何故、あんな一気に新商品が出てくるのでしょうか。
チョコ。

チョコ食べときゃなんとかなるっ!
と、思うのはわたしだけでしょうか⁈
疲れたとき、お腹が空いたとき、気持ちを切り替えたいとき、寒いとき…
そんなとき、チョコ食べとこうっ!の魔法がかかります。
今朝もパクパク、4粒ほどぺろっといっちゃいました。
食べすぎ注意ではありますが、
冬にはチョコ、必需品です☆

………………………………………………………
御来場いただきまして、誠にありがとうございました!


『十二階のカムパネルラ』へのご感想、
まだまだお待ちしております!
郵送、またはWEBでお預かりいたします。
WEBアンケートはこちらから!→ https://jp.surveymonkey.com/r/VB8J3WM
今後のお知らせを郵送でほしい方もこちらへどうぞ!!

今月のお題『浅草ここがオススメ!』

毎月9日はシアターキューブリックのメルマガ配信日!
この日はメンバーが各ブログで統一のお題を更新しております♪


…って、もう2日もオーバーしてしまいました、てんてこ舞い母ちゃんですみませんっ‼



今月のお題は「浅草ここがオススメ!」。
ですっ!

まもなく開幕します新作公演『十二階のカムパネルラ』が上演される劇場・浅草九劇があり、
作品のモチーフともなる展望塔「浅草十二階」がかつて建っていた浅草の街を、劇団メンバーがご紹介します。
…です、、、、が、、、、。


浅草の街にがっつり降り立った記憶が残っているのは、キューブリックに入団する前後の、蔵前で働いていた頃(もう十うん年前⁈)のことでして、
お散歩がてらROX通ったなぁ〜、とか、
フットサル盛んだなぁ〜、とか、
あの角のお寿司屋さんいつか入ってみたいなぁ〜、とか、
お仏壇豪華だなぁ…とか、そんな漠然とした記憶しかなくて…泣


ごめんなさい、わたしがご紹介できるのは、やっぱり、少し離れるかもですが、
パンのペリカン』さんです。


ここの前を通っていつも浅草までお買い物に出かけておりました。
いつもいつもとっても良い匂いがしていて、いつもいつも食べてみたかったけれど、仕事終わりにはいつも売り切れで買えなかった…そんな若かりし頃の(?)想い出のお店です。


昭和17年創業。地元の方にずっと愛されている食パンとロールパンだけのシンプルなお店♪
なのですが、
今では観光客の方にも大人気で、更に売り切れ必至とか⁈
う〜ん!ますます食べたぁ〜い‼


浅草をぶらりお散歩がてら、蔵前のほうにも足をのばしてみてはいかが(o^^o)



◯パンのペリカン
〒111-0042
東京都台東区寿4-7-4
TEL 03-3841-4686
東京メトロ銀座線田原町駅徒歩3分
・都営浅草線浅草駅徒歩5分
都営大江戸線蔵前駅徒歩5分


昨年、本店から歩いて5分程のところに直営カフェもOPENしたそうです♪
ペリカンカフェ
〒111-0042
東京都台東区寿3-9-11
TEL 03-6231-7636




☆★☆★☆★☆★☆★開幕間近ですよ〜‼☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


シアターキューブリック 2018 クリスマス公演
『十二階のカムパネルラ』
2018年11月21日(水)〜25日(日) @浅草九劇
作・演出 緑川憲仁
♪メインテーマ 岡村孝子『世界中メリークリスマス』


=========================
『十二階のカムパネルラ』公演特設サイト
 http://www.qublic.net/12kai/
=========================

宮沢賢治の代表作のひとつ『銀河鉄道の夜』は、
もう二度と会えない友、カムパネルラをめぐる心の冒険物語。
もしも、そのカムパネルラが賢治だったとしたら……。
大正から昭和にかけての賢治の故郷・花巻と、
浅草十二階と呼ばれた巨塔そびえる浅草を舞台に繰り広げられる、
大正浪漫躍るクリスマスファンタジー


[キャスト(予定)]
高橋茉琴 片山耀将 谷口礼子 千田剛士 榎本悟
眞実 今氏瑛太 金田理佐子 坂本実紅 佐藤沙予
品川ともみ 千葉太陽 鳥居きらら 藤井優海


[タイムテーブル]
21日(水)19:30
22日(木)19:30
23日(金・祝)14:00/19:00
24日(土)14:00/19:00
25日(日)13:00/17:00
 ※開場は開演の30分前です。
 ※上演時間は1時間50分を予定しています。


[チケット]
4,500円(税込・全席指定)
 当日 4,800円
 学生(大学・専門学校生以下) 2,500円 ※要学生証
 ※未就学児の観劇はできません。


〜チケットのお求めは〜
 ●シアターキューブリックオンラインチケットサービス
  https://www.quartet-online.net/ticket/12kai
 ●演劇パス
  https://engeki.jp/pass/events/detail/484


★残席情報★
残席情報は以下よりご確認ください!
https://qublic-nikki.blog.so-net.ne.jp/zanseki-12kai


[会場]
浅草九劇 東京都台東区浅草2-16-2 2階
つくばエクスプレス「浅草駅」徒歩3分
東京メトロ銀座線、東武スカイツリーライン「浅草駅」徒歩10分
東京メトロ銀座線「田原町駅」徒歩10分
都営浅草線「浅草駅」徒歩13分


詳細は公演特設サイトへ!→http://www.qublic.net/12kai/


皆様のご来場を心よりお待ちしております♪

今月のお題「宮沢賢治の処方箋」

毎月9日はシアターキューブリックのメルマガ「きゅ〜め〜る」の配信日です♪
この日はメンバーが皆、統一のお題でブログを更新しています(o^^o)

さてさて、今月のお題は「宮沢賢治の処方箋」。
になりました!


メンバーが宮沢賢治さんの作品からひとつを選び、どんな時にそれを読むと「効く〜」のか、解説します。



読む、とは少し違いますが、
昔、パントマイムの『銀河鉄道の夜』を観に行ったことがあります。
本で読んだりステージを観たり、アニメや朗読でも触れたことがあって、
一番いろんな角度から覗いたことのあるのがこの作品なので、
わたしと賢治さんは、この作品で繋がっているんだと思います。


子供のときは、正直さっぱりでした。
なにが面白いのかもわからなくて、暗くて、不気味で、苦手…うん、とても苦手な部類でした、
が、
年齢を重ね、再会する度に、
景色と匂いが変わってゆく…
どんどんライトが当たり、星がキラキラ輝き出し、風が吹く作品になってゆきました。


それと同時に、
大人になればなるほど、また違う意味で息がつまる思いにもなりました。
夜空の暗闇に引きずり込まれる、死の色気に引っ張られるそんな思いです。

匂い立つ「生」と「死」の引力に、自分が持っていかれる、そんなドキドキが常にあります。

だから、元気なときに逢うことをオススメします!
弱っているときに出逢ってしまうものだけど…(_ _).。o○




★チケット好評発売中!★

シアターキューブリック 2018 クリスマス公演
『十二階のカムパネルラ』
2018年11月21日(水)〜25日(日) @浅草九劇
作・演出 緑川憲仁
♪メインテーマ 岡村孝子『世界中メリークリスマス』

宮沢賢治の代表作のひとつ『銀河鉄道の夜』は、
もう二度と会えない友、カムパネルラをめぐる心の冒険物語。
もしも、そのカムパネルラが賢治だったとしたら……。
大正から昭和にかけての賢治の故郷・花巻と、
浅草十二階と呼ばれた巨塔そびえる浅草を舞台に繰り広げられる、
大正浪漫躍るクリスマスファンタジー

=========================
『十二階のカムパネルラ』公演特設サイト
 http://www.qublic.net/12kai/
=========================

[キャスト(予定)]
高橋茉琴 片山耀将 谷口礼子 千田剛士 榎本悟
眞実 今氏瑛太 金田理佐子 坂本実紅 佐藤沙予
品川ともみ 千葉太陽 鳥居きらら 藤井優海

[タイムテーブル]
21日(水)19:30
22日(木)19:30
23日(金・祝)14:00/19:00
24日(土)14:00/19:00
25日(日)13:00/17:00
 ※開場は開演の30分前です。

[チケット]
4,500円(税込・全席指定)
 当日 4,800円
 学生(大学・専門学校生以下) 2,500円 ※要学生証
 ※未就学児の観劇はできません。

〜チケットのお求めは〜 
 ●シアターキューブリックオンラインチケットサービス
  https://www.quartet-online.net/ticket/12kai
 ●演劇パス
  https://engeki.jp/pass/events/detail/484

[会場]
浅草九劇 東京都台東区浅草2-16-2 2階
つくばエクスプレス「浅草駅」徒歩3分
東京メトロ銀座線、東武スカイツリーライン「浅草駅」徒歩10分
東京メトロ銀座線「田原町駅」徒歩10分
都営浅草線「浅草駅」徒歩13分


詳細は公演特設サイト
http://www.qublic.net/12kai/
をご覧ください♪